F15墜落 パイロットは脱出・救助

11日朝早く、アメリカ軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄の南およそ90キロの海上に墜落しました。

防衛省によりますと午前6時半ごろ、嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が沖縄の南およそ90キロの海上に墜落しました。事故機のパイロットは、墜落前に脱出して救助されました。

当時、事故機は7機で飛行中だったということですが、どのような訓練をしていたのかなどは明らかにされていません。

菅官房長官は、「今回の事故の原因については、引き続き米国において調査中であると承知しています。防衛省からは、情報の提供と安全管理の徹底、再発防止について米側に申し入れたと報告を受けています」と述べました。

今回の事故で、アメリカ軍機の墜落事故は本土復帰後だけで48件に上ります。