高校生が作ったヒマワリ迷路

宮古島市で、高校生が作るヒマワリ迷路が26日にオープンし、親子連れや観光客が楽しんでいます。

このヒマワリ迷路は、宮古総合実業高校が毎年この時期に開催しているもので、今年(2018年)で19回目です。

梅雨まっただ中のはずなんですが、よく晴れた青空のもと、訪れた親子連れたちが黄色と緑色が広がる中をゴール目指して歩きました。

ヒマワリは、今年2月下旬に、生徒たちがおよそ20キロの種を植えて育ったもので、今、見ごろを迎えています。

男の子を抱いたお母さん「(お母さんQ.どうだった?)うん(うんって、ははは。楽しかったです」

女の子「(Q.迷路どうでしたか)かわいかった」

このヒマワリ迷路は、27日午後5時までの開催です。