無名だったビーチ人気集める 橋開通後SNSで拡散 宮古島市下地島にあるビーチが伊良部大橋の開通で人気を集めています。 5月5日、道路脇にずらりとレンタカーが並ぶのは下地島の南西にある中の島ビーチ。かつてはひっそりとしていたということですが、2015年に伊良部大橋が開通してから、その美しさがSNSなどで拡散し、今は観光客の人気スポットとなっています。岩に囲まれ、豊かなサンゴ礁が広がっていることから「天然の水族館」ともいわれています。 群馬から来た親子は、「小さいお魚とか大きいお魚とかがいっぱいいてきれいでした」と話し、静岡から来た若い女性たちも、「とってもきれいで、お魚が大きいのとか小さいのとか、いっぱいいました」と、笑顔で話していました。 夏本番に向けてさらに人気が高まりそうです。