観光客957万人 今年度の目標は1千万人

2017年度も順調でした。県内を訪れた観光客は957万人と過去最高を更新しました。その上で県は2018年度の目標を1000万人とすると発表しました。

富川副知事は、会見で、「初めて、全ての月において70万人を上回るとともに、特に8月は単月で、初の100万人を突破するなど、まさに記録尽くめの1年となっております」と話しました。

県によりますと2017年度に県内を訪れた観光客は、前の年度に比べて9.2%増の957万9000人で初の900万人台となりました。

内訳では、国内客が3.7%増の664万100人、外国客は26.4%の大幅な伸びとなり、269万2000人でした。クルーズ船の寄港が増えたことや航空路線の新規就航などが外国人観光客の数を押し上げた要因とみられています。

一方、県はこれを受けて、2018年度の観光客数の目標値を1000万人とすると発表しました。