翁長知事が検査入院で公務取りやめ

少し心配なニュースからです。翁長知事が検査入院しました。8日に出発の予定だった中国出張も急きょキャンセルしました。

県の発表によりますと翁長知事は4月5日日帰りの予定で人間ドックを受けましたが、医師から再検査の指示があったため入院し、6日から精密検査を受けているということです。

対応した池田公室長は「療養という目的で入院しているのはございませんので、あくまでも再検査、精密検査ということですので、それが終われば退院されることになろうかと思います」このように述べ、切迫した状況ではないと説明しましたが、具体的に体のどこに異常があるのかなど、詳細は検査中で分からないとしました。

6日、県庁では混乱が生じました。もともと翁長知事は、8日から3泊4日の日程で中国に出張する予定で、午前10時半には、翁長知事の名前が入った中国出張の日程が正式に発表されていました。

しかし、昼頃に急きょ、訪中団の事務局に対し出張取りやめの連絡を入れ、午後3時には、幹部職員を緊急招集。そして午後4時の会見で「検査入院」を発表しました。

翁長知事はことしに入り、選挙の応援や海外出張が続き、「体重が落ちた」と近い職員に話していたということです。