オスプレイ部品落下 宜野湾市が米軍に抗議

うるま市・伊計島の海岸にオスプレイの部品が落下した事故を受け、宜野湾市がアメリカ軍に抗議しました。14日午前、キャンプ・フォスターの海兵隊司令部を訪れたのは、宜野湾市の松川副市長です。

海兵隊の担当者に対し、県側への落下事故の報告がなかったことについて、「アメリカ軍の情報公開の姿勢を含む危機管理体制に強い疑念を持たざるをえない」と抗議しました。

担当者は、県側への報告がなかったことを謝罪した上で、現在、軍内部で連絡態勢の見直しをしていると話したということです。

一方で、宜野湾市側が求めた原因究明や再発防止策が講じられるまでのオスプレイの飛行停止については、応じませんでした。