名護市長選 期日前投票者数のびる

4日に投開票を迎える名護市長選挙は、2日までの期日前投票で1万7000人余りが投票を済ませています。

名護市選挙管理員会によりますと、2日までの期日前投票者は1万7269人と、有権者のおよそ35%が投票を終えたことになり、これは前回の同じ時期の期日前投票者を5000人以上、上回る数となっています。

現職の稲嶺さんは3日、市街地を精力的に遊説。大北の交差点で打ち上げ式に臨み最後の支持を訴えました。一方、新人の渡具知さんはきょうも企業回りを徹底。名護十字路での打ち上げ式で激しい選挙戦を締めくくりました。

名護市長選は4日に投票日をむかえ、即日開票されます。