マダライルカの子どもが漁港に迷い込む

24日、豊見城市の漁港で迷いイルカの子どもが見つかりました。

豊見城市の与根漁港で1匹のイルカが迷い込んでいるのが24日見つかりました。見に来た女性は「私初めて見ました、目の前で」と話しました。女の子は「思った以上に小さくてかわいかった」と話しました。

沖縄近海にも生息するマダライルカの子どもで体長はおよそ1メートル、オスかメスかは不明で、何らかの理由で群れからはぐれ、迷い込んでしまった可能性があるということです。

沖縄美ら島財団の中宗根亮さんは「本来生息するべきではない所にいますので、だいたいそういう場合は健康状態に異常があるという場合がほとんどなので、そこらへんが心配」と話していました。

財団ではイルカの体調を見ながら今後の対応を考えたいとしています。