文化の日の3日、那覇市で、古の琉球王朝時代を再現するイベントが華やかに行われました。

琉球王朝時代に、国の繁栄と豊作を祈願して、1月3日に国王が首里城の周辺3つの寺を参拝した様子を再現した「古式行列」。公募で選ばれた今年(2017年)の国王と王妃が「御轎」と呼ばれる籠に乗り込み、200人を超える臣下を従えて、厳かに首里の街を練り歩きました。

東京から観光で訪れた女性は、「東京でこんな大きい祭とかないのですごくいい機会になりました」と話していました。訪れた人たちは、時を超えた歴史絵巻に魅せられていたようです。