敬老の日 沖縄市長が新100歳を訪問

18日は敬老の日です。沖縄市では桑江市長が市内のご長寿を訪ねお祝いしました。沖縄市の新崎千代さんは、大正6年生まれ。2017年、100歳を迎えました。

桑江市長から祝い状や記念品が手渡されると、新崎さんは「子供が小さい時は苦労もあったけど、今は孫もこんなにいて、申し分ありません。胸いっぱいです」と喜びの言葉を述べました。

新崎さんは70代まで衣料品店を営んでいて、今でもおしゃれが大好き。長寿の秘訣は、毎日豚の三枚肉を食べる事だそうです。お祝いにかけつけたひ孫や玄孫に囲まれて嬉しそうな様子でした。

県内で2017年度新たに100歳を迎えるのは476人で100歳以上の数は1162人と過去最多となっています。