テーマは、「お客様に満足を」。コールセンターの従業員らが電話応対の技術を競い合うコンクールが那覇市で開かれました。

出場したのは、県内のコールセンターでコミュニケーターとして働く44人。「オンラインショップで注文した商品を交換したい」という客からの電話を受け、その応対スキルを競い合いました。

電話対応の様子「商品をご紹介差し上げたいのですが、お時間よろしいでしょうか。(はい)職人がひとつひとつ手作りでつくったお品で普段の食卓が華やかになると思います。佐々木様いかがでしょうか。(そうですね。検討してまた電話します)ありがとうございます。」

審査では、言葉遣いや応対の印象のほか、営業力や受話器の扱いまで幅広くチェックされます。職場の同僚らが見守る中、参加者たちは日頃の業務で鍛えた腕前を披露していました。