夏休みを前に、7月19日から宜野湾市でユニークな企画展が始まっています。「紙ってるね!沖縄の動物たち」と名付けられた企画展は、子どもたちに沖縄の生物の多様性を理解してもらおうと今回初めて開かれました。

会場には1枚の紙で作り上げた「神ってる」作品、約100点が展示されています。絶滅危惧種に指定されている「ヤシガニ」や、宜野湾市で見られる「オキナワキノボリトカゲ」のほか、この時期、産卵期を迎えている「アオウミガメ」など、1枚の紙とは思えない貴重な琉球の生き物たちが展示されています。

この企画展は8月21日まで、宜野湾市立博物館で開催されています。