7月9日に投開票された那覇市議会議員選挙で当選した40人に、当選証書が付与されました。

那覇市議会の議場で行われた当選証書付与式では、トップ当選を果たした奥間亮さんや、翁長知事の次男で初当選の翁長雄治さんら40人が、当選証書を受け取りました。

奥間亮さんは「支持者の皆さんが本当に動いていただいたおかげ、それがこういった大きなご期待(トップ当選)をいただいたんじゃないかなと思います」と話し、翁長雄治さんは「父が、叔父や祖父が、市民県民のために一生懸命汗をかいてきたのを傍でずっと見ておりますので、それを私も実践していく」と話していました。

那覇市では、200人に上る待機児童の問題や、牧志公設市場の再開発など課題は山積ですが、市議選の結果、市政与党は過半数割れし、自民党などの野党と勢力がきっ抗しています。

城間市長にとってはこれまで以上に丁寧な市政運営が求められそうです。