名護市のキャンプシュワブゲート前で新基地建設に反対する市民らによる座り込み運動が始まって、6日で丸3年となりました。

ゲート前での座り込みは当時、ボーリング調査着手を目前に控えた国が立ち入り制限水域を拡大するのを警戒する目的で始まり、2014年の7月7日におよそ100人で始まりました。それから丸3年が経過した6日、キャンプシュワブのゲート前には市民らおよそ150人が集まり、民意を無視して進められる護岸工事を止め、新基地建設を断念させようと声を上げていました。

参加者は、「いかに止めるかは、県民ひとりひとり、各々考えて、来てほしいと思います。集まるだけでも十分止められます」と話していました。