基地から派生する騒音対策のため、エアコンを使用している学校や保育施設のうち、今後、県内の6つの施設で国からの電気代の補助が打ち切られることが6月30日に分かりました。

防衛省は、軍用機の騒音のため、窓を閉め切って授業を行う学校や保育施設を対象に、エアコンの基本料金や使用料を補助しています。この補助を受ける県内の施設のうち、今後、6つの施設で、補助が打ち切られることが分かりました。

防衛省は、騒音の程度が比較的小さい施設が設備を新設するか更新する場合、補助を打ち切る方針です。県内では2015年度に108の対象施設が、合わせて2億1800万円の補助を受けています。