きょうからユニークな落語イベントが那覇市で始まりました。

6月29日から那覇市の沖映通りで始まった「うまんちゅ落語祭り」

沖映通りうまんちゅ落語祭り

かつて映画館を中心に文化の発信地として賑わった沖映通りを再び盛り上げようと、商店街振興組合が今回初めて企画しました。7月2日まで行われる「うまんちゅ落語祭り」会期中は、江戸落語から上方落語、うちなーぐちの落語まで、県内外のプロ・アマあわせて17人が、飲食店やホテルなど8つの会場に出演。毎日無料で寄席を楽しむことができます。

最後に、うちなーぐち落語家のこの方に、びしっと一言しめていただきました。

南亭こったいさん「Qプラスとかけて、有名デパートのギフトと説きます(Q.その心は?)放送(包装)も完璧でしょう!」

沖映通り商店街振興組合では「チャンプルー」と「カルチャー」の造語で「カルチャンプルー」を街のコンセプトに、今後も文化を発信していきたい。

来月2日(日)まで。