「口利き」疑惑の第三者委員会初会合

安慶田光男元副知事が2015年に行われた県の教員採用試験で、いわゆる「口利き」をしたとされる疑惑の真相解明を目指す、県の第三者委員会の初会合が開かれました。

11日の初会合には、委員に選ばれた沖縄大学の仲地博学長ら5人の委員が顔をそろえました。

委員会は弁護士2人、行政法の専門家2人、前監査委員1人の合わせて5人で構成されていて、疑惑の事実関係を調査するとともに、今後同様の事態が生じないよう、他県の事例などを踏まえた再発防止策を検討することにしています。

委員会は11日の冒頭部分のみ公開されましたが、今後は非公開で開催されます。