夢のケーキが現実に!

夢いっぱいの子どもたちが描いた夢のケーキが、本物になりました。

「サザンde夢ケーキ大賞」は小学6年生までの子どもたちから「夢のケーキ」のイラストを募集し、その中から大賞に選ばれた作品をホテルのスタッフが実際に再現するもので、ことしで5回目。

今回は約450通の応募の中から豊見城市の小学3年生、染谷汐里さんが描いた「サザンビーチケーキ」が大賞に選ばれました。

染谷汐里さんは「ビーチが好きだから、ビーチをイメージして描きました。自分の思った通りだからとっても感動しました」と話しました。

染谷さんの将来の夢は「ケーキ屋さん」。自分でこのケーキを作れるようになって、自分で食べたいと可愛い夢を話してくれました。