星野文昭 絵画展 会見

沖縄返還を巡る抗議の行動の際に逮捕され無実を訴え続けている星野文昭受刑者の絵画展が5月、那覇市で開かれます。

星野文昭受刑者は1971年に東京で起きた沖縄返還協定の反対デモの際、警察官を殺害したとして逮捕され無期懲役が確定しましたが無実を訴え続け、再審請求を行っています。

沖縄での絵画展開催は3回目で42年間過ごしている徳島刑務所の中で描いた辺野古の海や赤瓦の屋根を題材にした絵など約30点が展示されます。

支援団体では「志を曲げずに戦う生き方を感じてほしい」と話しています。

絵画展は5月2日から始まります。