新年度を迎え、沖縄都市モノレールでは、利用者のマナー向上を呼び掛けるキャンペーンが各駅で行われています。

4月6日朝、古島駅では、職員が、朝の通勤ラッシュの時間に合わせ、ホームでの整列乗車や駆け込み乗車の禁止などを呼びかけていました。

安谷屋直樹駅長は「基本的には全員のお客様が快適にという風に思っておりますので、携帯電話、優先席の使い方、モノレールの乗り方を周知していく必要があると思っております。」と話しました。

2016年1年間、沖縄都市モノレールの乗客数は約1730万人と過去最高を記録していて、引き続きマナー向上を呼び掛けることにしています。