沖縄セルラーが「子ども基金」設立

子どもたちの貧困解消に役立ててほしいと、沖縄セルラーが「子ども基金」を設立しました。

4月28日、那覇市で行われた支援金贈呈式では、県内で子ども食堂や子どもシェルターなどを運営する5団体に、それぞれ60万円が贈られました。

沖縄セルラーの友利克輝取締役は、「将来を担う子どもたちが健全に成長し、それぞれの夢に向かってほしい」と話していました。

沖縄セルラーでは、子ども支援を行う団体に、毎年度、寄付を実施していくということです。