沖縄タイムス 新年号印刷はじまる

2016年も残すところ12月28日を入れてあと4日となりました。県内の新聞社ではお正月に向け新年号の印刷が始まりました。

沖縄タイムスの印刷センターでは12月28日から新年号の印刷がスタートしました。機械も、職員も、フル稼働です。2017年の新年号はスポーツでプロの世界に挑戦する県勢や、いきいきとした人生を送る人に焦点を当てた特集などが組まれ、通常の4倍の128ページに及ぶということです。

職員たちは刷った新聞を広げ写真の色の確認など細かくチェックしていました。

沖縄タイムスの志良堂清経部長は「今日からスタートしましたけど、これから4日間続きますね。1年間の中で今日から4日間が集大成なので、いい紙面、綺麗な紙面を愛情込めて作っていけたらと思います」と話していました。

2017年の新年号は12月31日に発表される宝くじの当選番号などを載せたあと60万部刷り上げられ、大晦日の午後には各家庭に届けられるということです。