敗訴確定報道から一夜明け それぞれの反応

最高裁での敗訴確定報道から一夜明け、県内各地の反応です。

12月13日、知事の姿は、一般質問最終日を迎えた県議会にありました。終始無言のまま議場へ。

議会で翁長知事は「判決言い渡しを待って私の見解を明らかにしたいと考えております」「今後も県の有するあらゆる手法を用いて、辺野古に新基地は造らせないとの公約実現に向けて取り組んでまいります」と話しました。

また、稲嶺名護市長は会見で「やっぱりなということと、そんなことってあっていいのかなと」「辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせないという意思は全く変わらない」と話していました。

一方、街の声は「最高裁がそういう判断をされたことなので、それは真摯に受け止めて今後どういう風にしていくかを県側も国と協力してやっていくしかないと思う」「国の力がかかって勝手に決定されてしまうというのは悲しい部分があります。もう少し議論があってもいいんじゃないかと思う」と話し、辺野古で反対の声をあげる人は「司法が国よりの立場にたっていることは明らかなので、それについては覚悟していました。でも翁長知事を支えて諦めずに戦っていきたいと思います」と話していました。

一方、翁長知事が12日、北部訓練場の返還式典への出席を見送ることを発表したことについて、菅官房長官は13日の会見で「今回の返還は20年の時を経てようやく実現するものであって、基地負担軽減を訴えている沖縄県がこれを歓迎しないということであれば極めて残念」だと話していました。