こんばんは、スポーツです。およそ2万6千人が南部路を駆け抜けたNAHAマラソン。今回私たちは、沿道で応援する人々や支える人々にスポットを当てました。そこにはまた一味違ったNAHAマラソンの魅力が詰まっていました。

NAHAマラソン当日、朝5時、コースを示すカラーコーンを設置する人々。

そこにいたのは、第1回大会からコーンを置き続けるカラーコーン設置の達人、入嵩西康文さん!その情熱が、すごい!

 Q+スポーツ部 走る人も支える人も熱かった!! NAHAマラソン

入嵩西康文さん(65)「初回から32年間こうして、この時期になると血が騒ぐというんですかね。まずモットーとしては交通安全、そしてランナーがうまく走れるようにということで頑張ってきました」

その長年の勘で、20メートル間隔でスムーズにコーンを配置。NAHAマラソンの成功を願いながらの作業です。

入嵩西康文さん(65)「もうクリスマスそんなものはいいんだとこのNAHAマラソンさえ無事に終えてくれればね」

熱きジョガーたちの祭典「NAHAマラソン」走る人に負けないくらい熱き情熱を持つのが支える人々。今回はそんな縁の下の力持ち、追いかけてみました!

スタート前の奥武山公園。第32回NAHAマラソンにも多くの人が集いました

出場者男性3人「5年ぶりの那覇です、完走目指して頑張ります」

出場者女性「(Q.靴はそのままなんですか?)はい、去年もこれで来ました(Q.この靴で完走したんですか?)はい、しましたしました」

出場者男性「笑顔で最後まで頑張りま~す」

出場者女性2人「(Q.きょうの走りも?)神ってる(笑)」

 Q+スポーツ部 走る人も支える人も熱かった!! NAHAマラソン

そんな選手たちが訪れていたのは、沖宮。ここで参拝するともらえるのが完走を祈願した「カンソウ梅干し」

カンソウ梅干しをもらったジョガー「(Q.効果ありそうですか?)相当ありそうですよ、神の力が宿っているような感じがします」

完走をめざし、約2万6千人がスタートを切りました。7キロ地点の嘉数交差点。ここで選手たちを待ち受けるのが創作エイサー団体・那覇太鼓。ただし、今やエイサーよりもこの曲で有名です。

NAHAマラソンの名物にもなっているYMCA。選手たちと一緒に何かしたいと、那覇太鼓がエイサーの次に始めたものでしたが、いまやこちらがメインに。当の本人たちも…

 Q+スポーツ部 走る人も支える人も熱かった!! NAHAマラソン

那覇太鼓メンバー「エイサーについては最初だけになりますね。(エイサーを踊っている時間とYMCAやっている時間とどちらが好き?)やっぱりYMCAですね(笑)(そこはエイサーではないんですね?)そうですね、やっぱりこれが楽しみなので(笑)」

MCもノリノリです。

YMCAのMC「無駄な体力、ありがと~(笑)頑張れ頑張れみなさん暑さに負けるな~ゴールは目前!頑張れ~!」

大きな激励で弾みをつけたい選手たちでしたが…その前に立ちはだかったのが、暑さ。那覇では28.2度と102年ぶりに12月の最高気温を更新。

それでも沿道の絶え間ない応援に支えられながら、前へと進みます。

毎年注目される、21.3キロの中間地点。人間の鎖との激しい攻防が繰り広げられます。

 Q+スポーツ部 走る人も支える人も熱かった!! NAHAマラソン

知念高校上原翔さん「めっちゃ怖いです。(選手は)ここまでせっかく来たのに、止めるって申し訳ない気持ちもあるんですけど「仕事」なのでしっかり人間の鎖やりたいと思います」

ことし、その人間の鎖を担うのは知念高校の野球部員たち。高校生に対し、20キロも走って止められたくない大人たちが容赦なく突っ込みます。何とか止めるも、その迫力に、高校生たちは茫然の様子。

それでも最後は、選手たちと記念撮影。笑顔で大役を終えていました。

一方その頃、中間地点よりさらに手前を歩く選手たちの後ろには悲しいお知らせを告げる最後尾車の姿が…

最後尾車アナウンスこの車両に抜かれたランナーは、大変残念でございますが歩道に上がっていただきますよう、ご協力お願い致しますまた来年、お会いしましょう!

リタイヤした選手「とりあえずしんどくて何も言えないです(Q.また来年ですかね)そうっすね、悔しいんで、また来年ゴールしたいと思います」

中間地点を突破した選手たちも、徐々に苦しさが増す後半戦。そんな選手たちに元気をくれるのが差し出される食べ物!

川村「ひめゆりの塔の目の前24.6キロ地点では、2000食の沖縄そばが振る舞われています、早速私も頂きます!(ランナーが食べるやつ!)すみません私も食べちゃって(じゃあ走ろう!)あっさりした沖縄そば美味しいです、私も気もちは走っているので!」

定番のおきなわそば。今年一世を風靡したこの人もご満悦!?

仮装した男性「アイハブアアポーアイハブアソバ、うーんアポーそば」

 Q+スポーツ部 走る人も支える人も熱かった!! NAHAマラソン

さらにことしは、沖縄そばに続いて、29キロ地点に、チキンラーメンが初登場!

沖縄そばの後で需要はあるのか?という心配はご無用。暑さで汗をかいた選手たちにとって恵みの一杯となっていました。

チキンラーメン食べた選手「男性めちゃめちゃ美味しいです」「結構暑くて汗いっぱいかいたので美味しいです」

情熱を持って支える人々に背を押され最後まで走り続ける選手たち。

第32回NAHAマラソンも、感動のゴールを迎えました

ゴールした選手「ボランティアの人たちも声一杯かけてもらって感動するつもり無かったんですけどゴールまわりながら感動してきて」

 Q+スポーツ部 走る人も支える人も熱かった!! NAHAマラソン

ゴールした選手「(Q.ゴールした瞬間いかがでしたか?)やったーと思ってそしたら二人でこの格好で待っていて、子どもとゴールがまた初めてそれがまた嬉しくてですね、辞められないです楽しいです那覇マラソン」

最後尾車アナウンス「私たち市民ランナーは、あすから仕事があり、家庭生活があり学校生活がございます。余力を残しておきましょうまた来年お会い致しましょう!」

走る人、支える人も、その両方の熱意がNAHAマラソンを盛り上げていました。暑い中本当にお疲れ様でした。以上スポーツ部でした。