犯罪被害者の支援を考える

犯罪によって娘を失った母親が被害者支援の大切さを訴えました。

犯罪被害者週間にあわせ11月30日に講演したのは、1996年に福島県で当時高校2年生の少年によって娘を殺害された渡邉佳子さんです。

渡邊さんは、事件後、被害者家族が陥る苦悩や支援の大切さを呼びかけました。講演で渡邉佳子さんは「加害者家族は団結し、被害者遺族は崩壊する。という事を聞いたことがありますか?まさしく私の家族がその言葉の通りでした。どうして人を殺すに値しない原因で簡単に人は殺されてしまうのでしょう。今さらながらに時間を戻してほしいと思います」と話し、渡邊さんの振り絞るような言葉を訪れた人たちは熱心に聞き入っていました。