嘉手納町議会がハリアー墜落に意見書

嘉手納町議会は28日、先週発生したアメリカ海兵隊のハリアー墜落事故に対する意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。

奥間常明・基地対策特別委員長「これら米軍機による度重なる事故は、地域住民の生命・財産を常に危険にさらし、受忍限度をはるかにえている」

意見書と抗議決議では「一歩間違えば住民居住地に墜落し大惨事をひき起こす危険性があり、県民に与えた不安と恐怖は計り知れない」と指摘。

嘉手納町議会がハリアー墜落に意見書

事故原因の徹底究明と速やかな公表、原因究明までの飛行訓練の中止継続、そして外来機の飛来・訓練の禁止を求めています。

意見書と抗議決議は、全会一致で可決されました。