上与那原選手が凱旋

リオデジャネイロパラリンピックで車いす陸上1500メートルで4位入賞を果たすなど活躍した県出身の上与那原寛和選手が23日、沖縄に帰ってきました。

両親やチームメイト、関係者の拍手に迎えられ、笑顔で凱旋した上与那原選手。今回のパラリンピックでは1500メートルで4位、400メートルで6位入賞を果たすなど健闘。

上与那原選手は「しっかり調整すればリベンジという形で東京も目指せると思っています」と話し、既に気持ちは4年後の「東京」に向かっていました。

上与那原選手は出迎えた父・寛忠さん母・米子さんと握手を交わし、喜びを分かち合った上与那原選手。両親を東京に連れていきたいと話していました。