翁長知事、判決を控え「ご理解いただける」

国が翁長知事を相手に起こした違法確認訴訟の判決を9月16日に控え、知事が現在の心境を語りました。

国が知事を訴えた辺野古の埋め立てをめぐる違法確認訴訟は、翁長知事の本人尋問など2回の審理を経て結審しました。国と県が争った一連の訴訟で、16日、初の司法判断が下されます。

翁長知事の定例会見「地方自治と日本の民主主義という事含めての、いまの基地建設の現状と、それから本来あるべき県民の民意、こういった事を勘案していくと、私どもの考え方の方がご理解いただけるのではないかというふうに思っておりますけれども」と話しました。

また翁長知事は、国との協議や話し合いが重要だと認識しているとして、どのような判決が出ても、引き続き、国との協議を続けていく考えを強調しました。判決は16日午後2時に言い渡されます。