工事再開に県民疑問・副知事抗議

強行された高江の工事再開について県民の反応です。

県民は「国がもう譲る気がないことがわかってしまうので少し悲しいですね。残念です」「始まってしまえばもうあとは何も言えないでしょう。それって本当の民主主義のやり方なのかなって、そういう疑問は思います」と話しています。

また、安慶田副知事は先程、県庁に沖縄防衛局の中嶋局長を呼び「警察力で住民を強制的に排除する事態は県民に大きな衝撃を不安を与えるもので到底容認できない。工事の再開は地元の意向に反するものだ」と抗議文と手渡しました。中嶋局長は無言で受取り足早に県庁を後にしました。

一方、菅官房長官は閣議後の会見で「(北部訓練場の)ヘリコプター着陸帯の移設に向けて必要な準備が整ったということで(本日)工事を再開いたしました」と述べました。