参院選は7日からいよいよ3日攻防に突入。有権者が最も多い那覇市で各候補者は1日、選挙戦を展開しました。

きょうから3日攻防突入

金城候補「マイナンバーの廃止、見直し、そして消費税の減税を訴えておりますのは、私、金城竜郎だけでございます」金城竜郎さんは7日朝は那覇市の泊漁港からスタート午後は国際通りや平和通りを3時間かけて歩き支持を訴えました。

きょうから3日攻防突入

島尻候補「しっかりと人も、そして予算も、投入することで、一日も早くこの問題が解決していくように、さらに努力してまいりたいと思っています。」

島尻安伊子さんは朝は久茂地の交差点からスタート、那覇市を中心に12か所で遊説を行ない支持を訴えました。

きょうから3日攻防突入

伊波候補「私はこの普天間の返還のためにも、オスプレイ配備の撤回のためにも、この辺野古建設を断念させていくことが一番の近道とずっと訴えてまいりました。」

伊波洋一さんも7日は那覇市を中心に選挙活動を展開、県営団地など住宅街9カ所で遊説し支持を訴えました。