係争委判断に翁長知事「県・国の真摯な協議を」 

辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐる国の是正指示について、国地方係争処理委員会が適法性を判断しなかったことに、翁長知事は「プラスに受け止める」と述べました。

国地方係争処理委員会は17日、適法性の判断を避けた一方で、国と県の関係が「あるべき姿からかい離している」として、関係修復を促す結論を出しました。

これに対し翁長知事は18日に会見を開き「これ(委員会の結論)はこの問題が法廷闘争で解決を図るべきものではなく、両者の真摯な協議により解決すべきことを示しているものと考えます」と述べました。

翁長知事は委員会の判断を真摯に受け止めるとして、国にも実質的な協議に応じるよう期待を示しました。