自民党県連 県民大会「現状では不参加」

自民党県連は19日の県民大会には「今の状況では参加できない」との見解を示しました。

14日に開かれた会見で、自民党の中川京貴県議は「党派を超えて実行委員会を組織し、県民総意で開催するのが県民大会である。まず実行委員会を立ち上げることが先ではないか」と述べ、現状では19日の大会に参加しないという自民党県連の意向を明らかにしました。

また、県連は「事件に対する抗議が主であるべきで、政治的な催しだという誤解があってはならない」などとしています。

今回の県民大会の決議には「海兵隊の撤退」を求めることなどが盛り込まれていて、超党派の開催については与野党双方には歩み寄りが見られません。