米海軍が外出制限を4日で解除

米海軍は6月4日に海軍兵が起こした飲酒運転事故を受けて発令していた勤務時間外の外出制限を10日付けで解除したと発表しました。

6月4日夜、嘉手納町の国道で米海軍兵の女が飲酒運転の末、道路を逆走し、軽乗用車2台と衝突。35歳の女性に重傷を負わせた事故を受け、米海軍は、今月6日に日本に駐留する全ての海軍兵に対し、買い物や子どもの送り迎えなど以外で勤務時間外に外出するのを制限すると発表していました。

米海軍は10日付けで新たな文書を出し、全ての海軍兵が上官との対面訓練を終了したため、外出制限を解除したと発表しました。

期間はわずか4日間でした。一方で、基地内外での飲酒禁止は継続するとしています。