16-06-09-01

6月5日に行われた県議会議員選挙の当選者らに、9日、当選証書が付与されました。厳しい選挙戦を勝ち抜いた当選者たちは、県庁で多くの支援者らが見守るなか、選挙管理委員長から当選証書を受け取りました。

初当選した次呂久成崇さんは「身が引き締まる思いです。しっかりと翁長県政を支えて行きたいと思っております」と話しまた、2度目の当選を果たした又吉清義さんは「(普天間基地の跡地利用に)いかに取り組むか、県民あげて、国をあげてやるチャンスがこれから到来してくる」と話しました。

今回の県議選では県政与党が3議席多い27議席の安定多数を得たことで、翁長知事は辺野古移設問題への対応を中心に、安定した県政運営を進めることが予想されています。