JMAT沖縄 第1陣が帰任

熊本地震の被災地に派遣されていた県医師会の医療救護班の第1陣が21日、沖縄に戻りました。

県医師会の医療救護班、JMAT沖縄は18日から熊本市の南区で活動に入っています。21日は第1陣の一部が帰任、出口宝班長ら3人が現地の状況を報告しました。

出口宝班長「色んなことが、食事も充実している避難所もあれば、いまだにお昼にアンパンとお汁粉だけという避難所もあって」

出口班長らは、医療だけでなく、避難している人たちのそばに寄り添い不安を和らげることなど、幅広い支援が求められていると語りました。

JMATでは現地の状況に応じ、第12陣まで医師や看護師などを派遣できるよう支援態勢を整えるとしています。