米兵による女性暴行事件受け繁華街巡視強化

13日に発生したアメリカ兵による暴行事件を受け、18日から19日朝にかけて、那覇警察署の署員が繁華街を巡視しました。

これは13日未明、那覇市内のホテルで女性を暴行したとして、アメリカ兵が逮捕されたことを受けたもので、3連休を前に18日午後10時から19日午前8時まで実施されました。

巡視した警察官は国際通りなどの繁華街を中心に、飲食店へ立ち寄ったり、アメリカ兵などに早めの帰宅を促したりしていました。

那覇警察署・新里秀地域交通官は「(事件以降)観光客、地域住民が不安を抱いているという声が聞かれますので、これを払しょくさせて、より安全で安心して暮らせる、楽しめる街にしたいと考えています」と話していました。

那覇署では、今回の巡視結果を確認しながら、来週以降の巡視態勢を決めていきたいと話しています。