翁長知事 四軍調整官と電話で会談

アメリカ兵による、女性暴行事件を受け、翁長知事は14日、四軍調整官のニコルソン司令官と電話で会談し、「強い憤りを覚える」と抗議しました。

およそ20分間、電話で会談した翁長知事はニコルソン司令官に対し、「女性の人権を蹂躙する重大な犯罪で、強い憤りを覚える」と抗議しました。

また知事は「沖縄は戦後70年に渡り悲惨な事件や事故に耐えながら日米安保体制を支えてきた。このようなことは絶対に許されない」と述べ再発防止を求めました。

一方、ニコルソン司令官からは、「この事件を容認することはできず、真摯に受け止め警察の捜査に全面的に協力する」という旨の発言があったということです。