PFOS検出問題・米軍が回答

北谷浄水場から国際条約で使用が制限されている有機フッ素化合物PFOSが検出された問題で、県が求めていたアメリカ軍の使用実態などの調査について、18日に沖縄防衛局が報告に訪れました。

防衛局の報告でアメリカ軍側は「嘉手納飛行場は、過去、PFOSを含む製品を調達していた。引き続き残存するPFOS含有の泡消火剤を取り替える作業をする」などと回答しています。

報告を受けた平良敏昭企業局長は回答の内容は使用量や期間など使用実態が不十分だと批判しました。

平良県企業局長は「化学物質を蓄積、なおかつ、低毒性とはいえ毒性もあるこういうものを垂れ流していいのかと何度も申し上げている。これがこうだから安全だと言うだけで、先月の嘉手納基地のホームページの(水は安全だと伝える)話も、そういう理解では大変困る」と述べ、アメリカ軍の回答を誠実さが感じられず、当事者意識に欠けるものだと指摘しました。

県企業局では今後もアメリカ軍側に河川調査の立ち入りなどを求めていく方針です。