ふれあいファッションショー

体に障害がある人たちにもっとドレスアップを楽しんでほしいと、浦添市でファッションショーが開れました。

ショーでは、華やかな衣装に身を包んだモデルたちが車椅子や家族に付き添われて登場すると、会場からは大きな拍手と歓声が上がりました。

実はこのファッションショー、自身も車椅子に乗る宮城明美さんが企画しました。宮城明美さんは「私以前は松葉杖ついてたんですが、勤めてたときはお洒落した時にとても楽しくて体も軽くなってたんですよ。でも車椅子になったらお洒落するのがおっくうになって、その反省も含めてみんなと一緒にファッション楽しみたいなと思って企画してみました。みんな本当に華やかな気持ちにさせて楽しくやってほしいと思ってたので、それが実現できたようでとてもうれしいです」と話していました。

ショーが終わっても一緒に写真を撮りたいと、モデルたちを多くの観客が囲んでいました。