15-12-17-03

社会福祉に役立てられる歳末たすけあい募金に県内の企業グループが16日100万円を寄付しました。

県共同募金会を訪ねたのは、食品業界やホテル業界など県内の企業グループです。具志堅茂副会長は「社会福祉のために活用してください」と県共同募金会の湧川会長に義援金を手渡しました。

義援金は障害者施設や児童養護施設など福祉の現場で役立てられるものですが、近年は目標額の7割ほどしか寄せられておらず、県共同募金会では企業などへの協力を呼び掛けています。

歳末たすけあい募金は、12月末まで受け付けています。