15-12-15-01

辺野古への新基地建設を阻止しようと、政党や市民団体、経済界など幅広い団体からなる「オール沖縄会議」が14日夜、発足しました。

宜野湾市で開かれた結成大会には、主催者発表でおよそ1300人が参加しました。

稲嶺名護市長「私たちこの大衆運動こそが、一番大きな力になると私は思っている!」翁長知事「祖先の苦労に比べたら、私たちの苦労は何てことない!」「私たちの闘いも含めて、頑張ってい責任世代の姿を見せることによって、子や孫が、21世紀の沖縄を切り拓いていくんです!」

大会には、シールズ琉球や、アメリカの退役軍人らでつくる平和団体のメンバーらも参加し、基地を造らせないと声を上げていました。