退役軍人たちが辺野古を訪問

ベトナム戦争やイラク戦争に派兵された、元アメリカ兵たちが辺野古の新基地建設を止めようと、11日朝、抗議行動に参加しました。

「平和を求める元軍人の会」のメンバーらは、新基地建設に抗議するため沖縄を訪れていて、11日は午前6時半から市民らとゲート前で座り込みました。

元海兵隊マイク・ヘインズさんは「戦争のための基地はいらないと訴えたい。これ以上基地を造る理由は何もない。『テロとの戦い』というもののためにイラクに派兵されましたが、実際の戦場では自分自身がイラクの人々にとってのテロだった」と話しました。

メンバーは沖縄に滞在中、高江や普天間基地も訪れ、基地反対を訴える予定で、15日には那覇市でシンポジウムも開らかれます。