東京オリンピック組織委が翁長知事訪問

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを全国的に盛り上げようと、組織委員会のメンバーが20日に翁長知事を訪れ、意見を交わしました。

組織委員会では、全ての都道府県をまわって意見交換をしています。

今回、県は沖縄で聖火リレーを実施することや事前合宿の誘致などを要望していて、翁長知事はプロ野球のキャンプ地としての実績を強調しながら、県としても最大限協力していくと伝えました。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の佐藤広副事務総長は「沖縄県自体の地域の発展だとか文化の発信、そういうものにオリンピックを機会にどんなことをやっていくのか」「結果的にその効果がその地域に将来に向けて残っていく、そうしたら素晴らしい大会だったというふうに後に言われるようなものになるんだろうと、それをぜひ目指していきたい」と話していました。