15-10-27-01

辺野古への基地建設を巡り、石井国土交通大臣は27日、翁長知事の埋め立て承認取り消しの効力を一時停止すると発表しました。

石井啓一国土交通大臣「執行停止の申し立てについて、沖縄防衛局長、沖縄県知事、双方から提出された書面を審査した結果、承認取り消しの効力を停止することとし、本日、沖縄防衛局、沖縄県に執行停止の決定書を郵送いたしましたのでご報告いたします」

これを受けて、国側は近く、辺野古沖でのボーリング調査を再開させる見通しで、本体工事についても11月中の着工を目指す構えです。

また、国交大臣の発表の直前、菅官房長官は閣議後の会見で、翁長知事の埋め立て承認取り消しにより外交・防衛上重大な損害が生じるなどとして、今後裁判所で司法判断を受けるため、代執行の手続きに入ると発表しました。