15-10-20-006

翁長知事が10月20日、島尻沖縄担当大臣と会談しました。2人の会談は、島尻氏が入閣して初めてですが、辺野古移設に関する話はありませんでした。

怪談の冒頭、翁長知事は、「大変頼もしい方が沖縄担当大臣になられた。気安くもあるし、話をすれば答えられることもたくさんあると思う。沖縄県のために力を貸していただきたい」と述べました。

これを受けて島尻大臣は、「沖縄振興ということでは、県と連携を取っていきたい」と答えました。会談の中で、辺野古移設に関する話はなかったということですが、知事が埋め立て承認を取り消す中、島尻大臣がどのように沖縄と向き合うのか注目されています。