15-10-06-006

翁長知事は10月6日の県議会の一般質問で、TPPの大筋合意について感想を問われ、「いいように見えて問題点がたくさんある」と述べました。

TPP交渉では、日本が関税維持を求めた「聖域」5項目のうち、輸入豚肉の関税の大幅な引き下げが合意されるなど、日本政府の当初の交渉方針から大きく後退したものとなりました。

翁長知事の発言はTPPが沖縄の農林水産業に及ぼす悪影響に、懸念を示したかたちです。