与那国 政府調査団が視察

与那国中学校・佐伯進教頭は「途方に暮れています。僕らでは直すことができないので、早く行政の対応をお願いしたい」と話します。

1日も早く普段の生活に戻れるよう早急な支援が求められます。台風21号で大きな被害を受けた与那国町に政府の調査団が入り、被害状況を確認しました。

石橋記者は「政府の調査団を乗せた自衛隊機がやってきました。与那国島の台風被害を上空から視察しています」とリポートをしました。

内閣府の松本洋平政務官を団長とする政府の調査団は、視察のため与那国町に入りました。

調査団はまず与那国町の外間守吉町長から島の台風被害について説明を受けました。与那国中学校を訪れた一行は台風で大破した体育館の屋根や雨が浸水し床が水浸しになった教室を見てまわりました。学校側は様々な道具が水でダメになり使えなくなったと説明していました。

現地視察をした松本政務官は「県や町と連携しながら、国としても早く元の生活ができるように適宜バックアップしていきたい」と述べました。