青空の下 県身体障害者スポーツ大会

今年(2015年)で51回目を迎える県身体障害者スポーツ大会が13日、沖縄市で開かれています。

雲一つない絶好のスポーツ日和に恵まれた沖縄市。会場には選手、役員、ボランティアスタッフなどおよそ1200人が集まり、開会式で宮城光男大会会長は、「練習の成果を発揮し、実りある大会にしてください」と選手たちを激励しました。

選手宣誓・山里智樹選手(水泳)「日々積み重ねてきた練習の成果を元気はつらつと十二分に発揮することをここに誓います」

この後選手たちは、爽やかな風が吹く中、スラロームや徒競走、長さ70センチの槍を投げるジャベリックスローなどの競技に臨み、気持ち良さそうに汗を流していました。