米軍ヘリの低空飛行と騒音被害に抗議

アメリカ軍ヘリの低空飛行訓練で、騒音が激化していると、宜野座村城原区が沖縄防衛局に抗議しました。抗議したのは、城原区の崎濱秀正区長と行政委員です。

崎濱区長らは、アメリカ軍のヘリが兵士の顔が見えるほど低空飛行することがあり、激しい騒音被害が出ていると抗議。低空飛行訓練の写真を示しながら、危険性を訴えより実効性のある対策を求めました。

崎濱秀正区長は「地域住民、ましてやヘリパッドに近い住民の方々が、眠れないということもありまして、ただ(アメリカ軍側に)要請するだけじゃなく、実際にヘリコプターが飛ばないような状態にしてほしいと思います」と話していました。

沖縄防衛局は「アメリカ軍側には、地域住民への影響を最小限に留めるよう申し入れている。10日の内容も改めて働きかけたい」と応じました。