那覇空港を視察

那覇空港の整備・拡張に向け関係自治体や経済関係などでつくる団体が8月19日、滑走路の増設の工事が進められている現場を視察しました。

視察したのは那覇空港拡張整備促進連盟で、那覇市や豊見城市、コンベンションビューローなど41の団体で組織しています。19日は、第2滑走路の増設工事が去年1月に始まって以来初めての視察で、環境対策や台風接近時の対応など、工事関係者から説明を受けていました。

視察した、那覇空港拡張整備促進連盟の國場幸一会長は「第2滑走路から既存のターミナルまでの橋がこの1本だけでいいのか、さらにもう1本端の方から必要なのかどうか、そういうことも含めて案をまとめようと思っています」と話していました。

促進連盟では空港を整備した後、航空整備産業を誘致し、雇用を生み出す案などを検討していきたいとしています。